布長|冷凍|インドマグロ腹1キロ

8,640円(税640円)

購入数

まぐろのトロ好き集まれ!
大トロ中トロを思う存分味わえるインドマグロの腹部分のみ出血大サービス販売いたします。
本来、寿司店にしか卸売りしてくれないインドマグロ腹部分を【みなさんにもっとマグロを知ってほしい】とい想いを持つ豊洲仲卸布長が、旬のMEKIKI便のために出してくださいました!




【これを知ったらマグロツウ?】

いま食べているマグロはどこ?

はい!下の画像を見てください。



腹部分は大トロ中トロだけですね。。
この画像を観察しながら食べてみるのも面白いですよ!



江戸時代のねぎま鍋は、大トロと中トロだった!!

ねぎま鍋をご存知ですか?
かつお節のだし汁で焼いたねぎとマグロを鍋にして食べるという江戸時代に開発されたメニュー。
東京の郷土料理でもあります。

江戸時代のねぎま鍋に使うまぐろがなんと大トロと中トロだったそうです。
マグロの脂の旨味がかつおだし汁に溶け込んで、なんとも奥深い味わいが江戸っ子の胃袋をとらえておりました。
なんて贅沢なんでしょう!
令和の今となっては、大トロ中トロを鍋にしてしまうなんてもったいない!と思いますよね。

江戸時代は、漬けとして保存の効くマグロの赤身が重宝され、足の早い大トロや中トロは廃棄されておりました。
それではもったいないという考えからこのねぎま鍋が開発されたのです。
日本で最初のフードロス対策でした。

冷凍・冷蔵技術が発達した昭和の時代から、保存ができるようになった大トロ中トロの美味しさが広まり、いまでは高級な部位になったというわけであります。

ぜいたくではありますが、ねぎま鍋にするならば脂の乗った部位をお使いくださいね。

【ねぎま鍋のだし汁の作り方】
かうお節のだし 600cc
酒、醤油、みりん 各大さじ2
あとはお好みで。。


写真のように洋風だしで洋風鍋もおいしいです!このときはディルなどのハーブを使うと爽やかな香りの鍋ができます。


仲卸紹介
豊洲市場布長では、築地市場時代より数十年マグロの目利きとしてたくさんの魚にこだわるプロに愛用されてきております。
旬を狙って捕獲された鮮度の高いマグロのみを厳選して目利きしたマグロです。
豊洲市場中卸〈布長〉特集記事
https://mekiki7.jp/special/fucho/



【商品詳細】
〈保管〉 
冷凍

〈目方〉 
約1キロ

〈状態〉 
写真のようにカットされておりますので、ご家庭に届いたらすぐにばらして、
個々に密閉して冷凍してください。付属の緑紙に包み、空気が入らないようラップをしてジプロックなど
に入れて冷凍庫で保管してください。アルミホイルを巻いて保管するとさらに良い状態が保たれます。

〈賞味期限〉
家庭用冷凍庫では1週間~10日を目安に召し上がりください。

〈同梱物〉 
おいしい解凍方法レシピがつきます。

レビューはありません。